パチンコ ダイコク 配線

パチンコ ダイコク 配線

 僕は笑みと一緒に、双剣の焔の赤色も深める

 意気揚々と楽しく、その借り物の力たちを全力で振るっていく

「燃やし尽くせ! 『忘却』の『祝福(・・)』よ! キリストに本当に忘れてはいけないものを思い出させろ!!」「…………っ!? も、燃やし尽くし返せっ! 『忘却』の『呪い(・・)』よ! ライナーから僕という記憶を奪い、この戦いを終わらせろぉおおおおっ!!」 咄嗟にキリストも炎剣を作り、叫び返した

 無詠唱の《フレイムフランベルジュ》が八つ腕から伸びて、こちらの双剣と打ち合わせられていく

 どちらの猛火も尋常を超えていた

あなたも好きかも:スロット ハデス
 その僕の双剣と八つの炎剣が拮抗して、鍔迫り合いの形となる

 あと少しで、剣が届きそうで届かない僕たちの炎の刀身

 そのもどかしく危険な状況で、僕の喉から勝手に紡がれるのは――「――『私は世界(あなた)を置いていく』――」 それは、とある剣士が届きたいと願い続けて、ついに至った『詠唱』

あなたも好きかも:パチンコ バイト いじめ
「――『拒んだのは世界(あなた)が先だ』『だから私は剣と生きていく』――」 それが誰の振動(こえ)なのかに気づいて、さらに僕の口元は緩む

 キリストも誰なのかに気づいて、次を予期したのだろう

 口を大きく開け広げて、喉奥から嗚咽を漏らしていく

あなたも好きかも:enter enter mission パチンコ
「あ、あぁ……、ロ、ローウェン……?」 『火の理を盗むもの』の次へ

 次から次へと、本当の『魔法』は繋がっていく

 その親し気な友の振動(こえ)と共に