ブラッドプラス スロット やめどき

ブラッドプラス スロット やめどき

 ノスフィーの肩口に触れる直前で、薄くて黒い光の壁に阻まれて剣が止まったのだ

 その壁はティティーの【自由の風】も『ローウェン』の刃も全てを遮断している

 直感的に理解する

ノスフィーも『光の理を盗むもの』だけが持つ特別な力を使ったのだと

 その何らかの理を盗んだ光の壁が、薄皮一枚のところでノスフィーを守っている

「ふふっ、ふふふっ

ふふふふふっ」 旗を握り締めて顔を俯かせていたノスフィーが笑う

 そして、十分にぷるぷると肩を揺らした後、顔を上げた

「ああっ、惜っし――いですねっ! ふふっ、ようこそ、渦波様ぁ!!」 薄い光の壁が僕の後方にも展開され、光のドームに閉じこめられてしまう

さらにノスフィーは、新たな光のドームを巨大化させることで、あっさりと拮抗していた風の槍たちを光で呑みこんでみせた

あなたも好きかも:スロット 小牧コロナ
「もう渦波様は空っぽでしょう!? なのに、こんなに近づいてくれるなんて、わたくしは嬉しいです! あなた様の愛をっ、とくと感じます!! しかしっ、残っ念ですねっ、残っ念ですよねぇっ!? 届きそうで届かない想い! あと一歩というところで負けてしまうなんてっ! ああっ、あんなにも頑張ったのに、とうとう戦いが終わってしまう! ――負、け、で! ふふっ、それってどんな気持ちですか!? その気持ちを教えてくださいませ! 欲を言えば、ふふっ、その苦しい顔を――わたくしにぃっ、ふふふっ、よく見せてくださいっ――!!」 光の旗から手を離して、得意満面となって僕に一歩近づく

 演技が上手くいき、勝利を確信したのだろう

あなたも好きかも:光ケーブル 構造 スロット
 武器を持つことなく、両手をこちらに伸ばして僕の両頬に触ろうとまでしていた

あなたも好きかも:ニューギン パチンコアプリ
 だが、僕は笑う

 苦しんで歪ませるのではなく、口の端を吊り上げて挑戦的に笑う

「――何を言っているんだ? ノスフィー、まだだっ