スロット 黄門ちゃま

スロット 黄門ちゃま

わざわざ康太たちを呼んだという事は運んでほしいものというのは魔術的な物品なのだろう

あなたも好きかも:ニューパルサー パチスロ 無料アプリ
ただの宅配業者などに頼むわけにもいかないために弟子や孫弟子である康太たちに声をかけたという事である

そこまで大変なことではないなと康太が安堵している中小百合と幸彦、そして真理はまだ険しい顔をしていた

「ちなみに、それをどこまで運べば?協会ですか?」「いいえ、奏の所に

あの子この三連休も仕事だから取りに来られないのよ」奏の名前が出た瞬間、小百合と幸彦、そして真理の顔が引きつる

あの人の所に行くのかと幸彦は特に嫌そうにしていた

「師匠・・・それは私達も同行したほうがいいのですか?」「いえ、荷物を運んでくれさえすれば別にどうしようと勝手だけど・・・久しぶりに顔を見せに行ったほうがいいんじゃないの?」「・・・いえ、あの人には極力会いたくないです・・・」嫌われたものだなと思いながらもどうやら幸彦も同じ考えの様で苦虫を噛み潰したような表情をしていた

そんなに奏に会うのは嫌なのかと康太は僅かに眉をひそめていた

「姉さん・・・その奏さんってたしか一番弟子の人ですよね?」「はい、師匠たち三人のお弟子さんの中でも一番気性の荒い方です

あなたも好きかも:2017 神台 パチンコ
私も数えるほどしかあったことはありませんが・・・なかなかすごい方ですよ」前にも聞いていたがやはり気性の荒さは三人の弟子の中でもトップクラスなのだろう

康太としては会って見たいような会ってみたくないような感じだが、この流れだと確実に会うことになってしまうだろう

「という事で康太、お前は幸兄さんと一緒に奏姉さんの所に行け