n1 パチンコ いわき市

n1 パチンコ いわき市

足を失った代償、補填すべき空白

義足の制御に多少は回さなくてはならないが、それでも確保はできた

 躰を失えば

あなたも好きかも:パチンコ 未来日記 出来レース
 ――それを、ほかのもので埋めることができる

 どうやら

 人間というのは、なかなか不便な生き物らしい

 それが片足を失った彼の抱いた、一つの結論であった

二年間、そこで過ごしたことに不満はない

あなたも好きかも:スロット エヴァ777 アイキャッチ
毎日のようにやることがあれば、退屈を感じる暇などなかったし、それが生活だと思えば、そもそも苦になるようなことは、なかった

 なにもなかったとは、さすがに言えないけれど

 朝食を終えてた彼は、いつものように自室へ

もうこの頃になると、スケジュールを埋めるような訓練はないし、ほぼ自由が与えられながらも、学ぶことは未だにあるような状況だ

常に情報は更新され、それを入手しつつ、各分野の知識を再確認しながら、あるいは、ネット上だけでの〝立場〟なんてものを作り出す

あくまでも幻想上のものであって、それは現実だけれど、現実にすると逆に困るというか――いわゆる、裏方の人間のような動きだが、それはそれで役に立つことも、まあ、あるにはある

「――おい」 自室に戻って、呆れたように吐息

右足の義足はとっくに馴染んでおり、違和はなかったが、どうやらこの同室の相手だけは、変わりがなくて

「やあ、おかえり」「俺が朝食を食べる十五分のうちに、片付けまできっちりやれよ、お前は」 何も変わらないように見える自室、彼の使っているキャスターつきの椅子を軽く蹴ってやれば、全てのパーツがばらばらと床に落ちた

既にベッドは解体されており、彼の使っているノート型端末は無事のようだが、同室の男が使っている端末は分解済みである

 いや、違うか