シンフォギア パチンコ 会社

シンフォギア パチンコ 会社

 第1軍団では第1旅団が午後5時30分、命令によりクールセル=ショシー付近の野営地から出発してモントワ付近まで前進後、旅団長の男爵ヴィルヘルム・カール・フリードリヒ・フォン・ガイル少将は旅団前衛の第41連隊から第1大隊を先行部隊として苦戦が続くロヴァリエールまで前進させました

 また、擲弾兵第1「オストプロイセン第1『皇太子』」連隊と第41「オストプロイセン第5」連隊の両F大隊(第1連隊の大隊は2個中隊のみ)をノワスヴィル方面へ派遣し、右翼側の第二線を構成させました

 ガイル将軍は旅団残りを率い、ノワスヴィル南方のビール醸造場周辺に師団予備として待機しました

 第1師団長のベントハイム将軍が後退した部隊を反転させ、自ら先頭に立って出撃した時、将軍はガイル旅団長へ伝令を走らせ、自分に続いてロヴァリエールの渓谷へ進むよう命令しますが、直ぐにその必要がなくなり(敵が後退を始めたため)、最前線に展開する第1師団砲兵(4個中隊)の護衛任務として、第41連隊第2大隊のみがロヴァリエールを越えてヴァリエール川西岸へ進出するのです

 先にロヴァリエールへ進出していた第41連隊の第1大隊は、連隊長男爵グスタフ・アドルフ・オスカー・ヴィルヘルム・フォン・メアーシャイト=ヒュレッセム中佐が直卒していましたが、この大隊はロヴァリエールから渓谷に沿って北上すると、ちょうどメ高地へ攻撃を仕掛けたレーガト大佐の部隊左翼後方に付き、大佐の攻撃が功を奏すると西へ転向し、敵の去ったヴァントゥー部落を抜くとそのまま西のヴァリエール部落へ突入し、この渓谷の部落から北側斜面を登り、ブゾンヴィル街道の南道路肩まで達すると、なんと退却中の仏第4軍団の本隊の行軍列に行き当たってしまったのです

 この邂逅には双方共に驚いたことでしょうが、さすが普軍と言うか、ヒュレッセム連隊長は数倍の敵に対し、大隊に攻撃陣形を作らせ、敵の隊列に側面から猛射撃を浴びせたのでした

 しかし仏軍も落ち着いて対応し、ちょうど行軍列に加わっていた砲兵隊のうち1個中隊が隊列を離れて、直ちに砲口を普軍に向けると速射を始めるのです

 明らかに不利な状況で、またこの地はメッス要塞の北東方を護るサン=ジュリアン分派堡塁の直下であり、この稜角からも砲火を浴びるに及んで普軍大隊は先頭中隊のみ敵の後続部隊にわずかの間射撃を浴びせた後、一気にヴァリエール部落に下り、更に東方味方の前線へと撤退するのでした

あなたも好きかも:パチンコ 大工の源さん 韋駄天 カンナステージ
フォン・メアーシャイト=ヒュレッセム(大佐時代・71年の肖像) ノワスヴィルに向かった第1と第41連隊のF大隊のうち、第1連隊の第10、12中隊(大隊残り2個中隊はクールセル=ショシー防衛のため残留しています)はノワスヴィルの南へ向かい、ベントハイム師団長の「突撃」の際に急進してヴァリエール川を渡河、攻撃の右翼側に続いて突撃を援護しました

 第41連隊のF大隊中、第10中隊はノワスヴィルを西へ迂回し渓谷を越えて日没時にヴィレ・ロルムへ進出し、他の3個中隊は逆側の東側を迂回してセルヴィニー南のブドウ畑に進出し、予備部隊として待機するのでした

あなたも好きかも:パチスロ あやねぇ
 第1軍団予備となった第4旅団は、第1旅団に遅れてクールセル=ショシー付近からグラ城館付近まで前進した後、ノワスヴィル付近への前進を命令されますが午後7時になって軍団長マントイフェル将軍の命令により2個大隊をヌイイに進め、残り部隊はセルヴィニーへ進んだ後、西から普第1軍団を包囲に掛かる仏軍部隊に対抗することとなりました

 ヌイイへ向かう2個大隊は擲弾兵第5「オストプロイセン第4」連隊の第1、2大隊となり、この2個大隊はノワスヴィルの北を迂回してヌイイへ入りますが、この時にはメ高地が第44と第3連隊により陥落しており、この2個大隊はヌイイ北西方のブドウ畑で待機することとしました