パチスロ ライター 噂

パチスロ ライター 噂

 何しろリウは、ここにきて、心配することが一切ないのだ

 ミヤコのことも、クロナのことも、メイのことも――大丈夫、彼らは生きて行けるし、やれることはやった

あとは彼らの選択次第だ

 リウは他人の生き方にも、自分の人生にも、甲乙をつけない

素晴らしいとも、無駄だとも、意味があったなどとも、考えない

あなたも好きかも:シーララパーナ パチンコ
何故なら、そもそも生きているだけで、そんなものは繰り返し、結果を出していくものだから

 だから、振り返れば、懐かしいと思うのだ

 ――不思議と

 自分はもう死んでいるのに、意識だけが残留している短い時間の中で、どういうわけか

 そっと、まぶたを閉じる誰かの手を感じた

あなたも好きかも:中国 ぱちんこ
「終わりを見てしまった時、人の行動は大きく二つに別けられる

終わりを惜しむか、次を始めるかだ

あなたも好きかも:スロット 鉄拳3 打ち方
君の場合は、次がなかった

それでも惜しまず、続いた君を、僕はとても喜ばしく思う」 聞こえる気がするが、答えられるはずがない

ただ、まるでその光景を俯瞰するように、白色の服しか見えない男性が、リウだったものを抱き上げるのを認識した

「君が初代、エグゼ・エミリオンに届いたのかと問われれば、息子であるこの僕が答えよう

残念ながら――至らなかったと」 死者に対してはなかなか辛辣な言葉だ