biglobe スロット

biglobe スロット

「あれだな、一種の母性を感じて泣き止んだのかもしれんぞ?」「母性・・・って要するに文が抱き着いたからってことか?」「かもしれんな

とはいえ確証はないが」赤ん坊の意志の影響を受けたからと言って女性に抱き着かれると泣き止むというのはどうなのだろうかと康太は複雑そうな表情を浮かべる

文がこの場にいたからまだよかったものの、これで女性が誰もいなければずっと泣き続けることになっていたのかと思うと背筋が寒くなった

「ていうかもしかして、これで解決か?もう精霊は普通状態に戻ったのか?」「いや、少なくとも一回程度で何とかなるようならここまでこじれていないだろう

おそらく定期的、あるいは突発的に同じようなことが起きると思うぞ?」「え・・・いきなり涙的な?」「うむ・・・まぁいいではないか

あなたも好きかも:パチンコ 当日限り
お前たちは基本的に一緒にいるのだから

また泣きだしたら同じように慰めてやるがいい」康太と文は困ったような表情を浮かべて顔を見合わせた

まだこのように家の中にいるならまだ何とかなるが、もしこれで学校にいる時などに涙が出てきたら相当面倒なことになる

昼休みなどの時間なら文の協力のもと屋上に向かえばいいが、十分程度の休み時間にいきなり涙が流れ始めたらもうどうしようもない

「さすがに学校とかでは・・・まぁ・・・普通に慰めるくらい・・・頭をなでる程度でもいいのかしら?」「いやダメだろうな

あなたも好きかも:おいちょかぶ ブラックジャック
やはり胸に顔をうずめなければ

赤子とはそういうものだろう?」「・・・あんたこの状況を楽しんでないかしら?」「何を言うか

そんなことはないぞ?」そういいながらもアリスは満面の笑みを浮かべていた