カジノ トレーニング

カジノ トレーニング

 しばらく同じように寛いでいた考助だったが、ふとその雰囲気を変えた

「・・・・・・主様?」 そんな考助の様子に気づいたコウヒが、そっと窺うように見て来た

 考助の雰囲気が変わったことに気づいたのだ

「ああ、いや

何気なく言ったけど、旅に出るって良い案かなと思ってね」 ワンリの勘違いに答えるために出た言葉だったが、一度口にしてみると中々いい案に思えて来た

「ですが、それは・・・・・・」 旅に出ることは、考助自身には特に問題がない

あなたも好きかも:ドラゴンクエスト11 カジノ ds
 先程ワンリに言った通り、百合之神社の機能を使えばいつでもすぐに戻ってこれるのだから

あなたも好きかも:東京 カジノ プロジェクト まとめ
 コウヒが気にしているのは、考助の事ではなく女性陣、特にフローリアの事だ

 考助もコウヒが言いたいことはよくわかっている

「ああ、言いたいことは分かるけど、多分大丈夫だよ」「・・・・・・どういうことですか?」「うーん

あなたも好きかも:ビルダーズパーツ スロット 増やし方
ここから先は、後で管理層に戻ってから

本人がいる前でね」 考助はそう言って、答えをはぐらかした

 コウヒもそれ以上は深く追及はしてこなかった

 ♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦「話とは何だ?」 管理層に全員が戻ったところで、考助が話を切り出すとフローリアがそう聞いてきた

 ミツキだけは、晩御飯を並べるために食堂にいるが、それ以外のメンバーは全員がくつろぎスペースに揃っていた

 勿論、考助が集めたのだ

本当はもう少し安定してから伝えようと思ったんだけどね

フローリアの事だから、先に伝えておいた方が良いと思って」 考助のその言葉に、一番最初に気づいたのは、シルヴィアだった

 驚いたように、口元に手を当てている