中古 スロット 3号機

中古 スロット 3号機

ネェツアークが良い声だとからかうように言うと、グランドールは渋い顔をしていたが、予行練習に参加いた一同は同じように"良い声"と感じているのがルイには分かった

あなたも好きかも:パチンコ 倖田來未 7
高い笛の音色の後、グランドールが再び口を大きく開いて謡う

《時に大地震動するは、下界の竜神の参会か》"囃子"と"良い声"に身を委ねるようにして、ルイはグランドールと同じ動きで舞う

(ここで一旦注意しないと―――な!!)舞台の床を足袋を履いた足で"同時"に鳴らし舞う箇所に差し掛かる

"同時"に踏み鳴らす事に関しては、グランドールとルイは身体の大きさが余りに違うので、ここはルイが合わせる

あなたも好きかも:ボス の パチンコ
尊敬するグランドールの動きなら、簡単に覚えてタイミング揃える事はルイには容易だった

音が揃って鳴ると目に見えない"何か"が、渓谷の谷間で大きく蠢めいた

《百千眷俗属引き連れ、引き連れ、 平地に波乱をたてて、 神の会座に出来して、み法を聴聞する》人の心とそれ以外の"何か"をも惹き付けてやまない声で、グランドールが謳いながら舞う

また2人同時に床を踏み鳴らす場面に差し掛かり、師弟は見事にタイミングを合わせた

踏み鳴らした振動が舞台を揺らし、その揺れは大気へと繋がり広がる

そしてまた"何か"が蠢く

グランドールが確かな手応えを感じて、穏やかな優しい笑顔を弟子に向けて、また謡う為に口を開いた

あなたも好きかも:鬼武者 継続率 スロット
《竜女が立ち舞うは波乱の袖

 竜女が立ち舞うは波乱の袖

 白妙なれや、和田の原の、波浪の白玉

 立つは緑の空色も映える海原や

 沖行くばかりに、月の御船の、佐保の川面に、浮かみ出ずれば、――八大竜王》そこまでグランドールの"謳"を聴いたルイは、緊張すらあまりしなかったのに、気持ちは昂りは止まらず痺れるような高揚が身体に満ちる

「いくぞっ、ルイ!」「―――うんっ!オッサン!」高揚と痺れに揺らぎながらも、"舞う"為の意志をしっかり保てている少年は、師にあたる男に確りと返事をし応えた