パチスロ world

パチスロ world

「た、助かった……怯え死ぬかと……ありがと」 正気を取り戻したミーシャは涙を拭うと立ち上がる

あなたも好きかも:はぴeみる電 スロット スタンプ
「行こう

早く何とかしないと、他の人が危ないよ」 「でも……腹が……減っては……戦はできぬ……」 「うん

あなたも好きかも:オーズ ブラックジャック
まずは食べ物だね」マイカも立ち上がると、再び廊下に戻り、厨房を目指して歩き始めた

ミーシャは元気を取り戻したようで、そのすぐ後ろを颯爽と歩いていく

途中で焦った様子で城内を走る白鎧の兵士たちと何度かすれ違う

「あれのせいだろうな……」 「たぶん……そう」マイカは短く答えると、良い匂いがする前方の通路を指し示す

「この先……だ……」 俺たちはマイカに続いて進み、人気の無い食堂に入り そのまま厨房へとお邪魔して、すぐに食べられるものを袋に詰めれるだけ詰めてもらう

あなたも好きかも:ヴァイキングス・ゴー・トゥー・ヘル
マイカはいつのまにか料理長と知り合いになったようで、 喜んで、手早くやってくれた

乾パンやソーセージをかじりながら俺たちは今度は思念の部屋を目指す

食べ歩きは行儀が悪いが、今はそうも言ってられない

その最中も兵士たちと何度もすれ違う

思念の部屋へと近づくにつれ、 次第にそれも少なくなる

分岐の無いあとは思念の部屋に向けて進むだけといった通路に入って不意にマイカが「あ……ダメだ……待ってる……」と呟いた

俺はすぐその意味に気付いて問う

「え?まさか思念の部屋の前で?」 「そう……あそこに……向かっているのを……気づかれた……」 「どうする?」 「……息を止めて……ゆっくり進めば大丈夫……だと思う」と言いながらマイカは俺の背中で相変わらず気絶している アルナを困った顔で見上げる