福岡 パチンコ ユーコーラッキー

福岡 パチンコ ユーコーラッキー

「何でオッサンじゃなくて、ウサギの旦那がわかるんだ?」ルイの質問には、リリィも不思議そうに首を縦に振った

「本当、どうしてグランドールさまじゃなくて、賢者さまなんですか?」リリィも思わずといった感じで声を出した

「単に今はワシとワシの師匠に当たる賢者だった方が『銃』を作る事を許されているだけの事だからさ

だから、銃の製造数も把握しているんだよ」「はあ?」「へ?」ウサギの賢者がしれっと答えると、ルイとリリィが再び大きな疑問符込みの声を出して、目を丸くしている

あなたも好きかも:ヒカリ パチンコ
アルスは事情を把握出来ている様子で、「なるほど」と納得した声を出していた

「アルスは、理屈が分かったみたいだな」グランドールはニヤリとして、まだわかっていないと思われる子ども達に目を向けた

あなたも好きかも:鹿沼市 パチンコ 求人
「リリィ、ルイ君

簡単な例え話をするならね、この国では何か商売を始めるにしても資格をとるにしても、『許可証』がいるのは知っているかな?」アルスがリリィとルイにゆっくり語る

「この前やっと帯剣の許可とったからオレは分かるけど―――」ルイがチラッとリリィを見る

「知ってるわよ!私だって賢者さまから、社会の勉強は教えて貰ってるんだから!

許可証は実技試験と学科試験を通らないと、貰えないって事だよね、お兄ちゃん」リリィがアルスを自然と兄と呼ぶことにも、大分違和感がなくなり、アルスは頷いた

で、自分の考えだけれども間違っていたら遠慮なく言ってください」そう言って、ウサギの賢者とグランドールを見比べる

あなたも好きかも:佐賀 スロット 優良店
「アルス君の『推理』を楽しませて貰うよ~」ウサギの賢者は再び上機嫌になり、アルスの話を酒の『肴(さかな)』のように楽しんでいるみたいだった

グランドールは無言で笑顔で頷いた

「推理なんて大袈裟なものじゃありませんが…

確か『昔の国王陛下から、親友さんは2丁の銃を下賜された』んですよね?

だったら、親友さんに銃の全てを陛下から託される前に、『銃の製造構成を知った上で、銃を造った人』がいた事になる」リリィとルイはそこまで聞いて「あっ!」「そっか!」と声を上げた

「それから、親友さんは銃の整備や手入れぐらいの知識はあったとしても、『銃を部品から全てを作り出す技術』をあったとは自分には思えないんだ

これは銃の事を軍学校の教科書で、銃の勉強をその、独自にした時の感想だけどね」銃の構造が教本に逐一載っていたわけではないが、休日大工が趣味であるアルスには、生半可な知識とありきたりの工具では作成出来ない物だと分かった