もん は ん スロット

もん は ん スロット

 ずっと友達で居たいよ」シズカ姫が、少し寂し気に言うと「何言ってるんですか

私はシズカさんと もう親友だと思ってますからね」マリミがニッコリと笑い、感極まったシズカ姫が軽く抱きつくとその後ろでマイカが眼をギラギラさせながら邪悪な笑みを俺に向けてくる

あなたも好きかも:パチンコ バラの儀式 実機
いや、俺に何かを伝えたいと思うんだがその表情の意味は分からんからな……あまりに怖すぎて

あなたも好きかも:化物語 スロット アプリ android
背後からの花魁の視線はいつの間にか消えていた

あなたも好きかも:姶良 ぱちんこ
三階よりもさらに人けの無い四階の廊下もまっすぐ進むと五階への階段が見えてくる

マイカは迷わずに上がりだして、俺たちも続く

狭い木造の階段を上がりきると、通路が奥へと伸びているのが見えた

マイカはまったく迷わずに足早で進んで行く

入り組んだ通路を左右に部屋を見ながら進み突き当りの部屋の入口の障子の前で、マイカは立ち止まった

中からは、ポロンポロンと三味線のような音が聞こえる

「……ここだ……行くぞ……スカウト……緊張……するな……」マイカはブルっと身体を震わせる

俺とシズカ姫は、その目的のズレ具合に脱力してマリミはマイカの後ろで「が、頑張ってください

マイカ様」真面目に応援しだした

マイカが障子を静かに横に開けると真黒な龍の描かれた金屏風の立てられた部屋の中で、正座して三味線を奏でる着物姿で顔にはおしろいを塗り髪を複雑に結って飾り付けた女性と酔っぱらってそれを眺めている、後姿の着物姿の男が居た

女性はいきなり入ってきた俺たちにも落ち着いた様子で「ああ、来られましたか……」手招きをした