パチンコ 企業 大手

パチンコ 企業 大手

へへっ」 やっと正常な思考をした人が不満を言ってくれたと思ったら、最後には笑って去っていった

まるで、好敵手を見つけた子供のようだった

あなたも好きかも:年末 24時間営業 パチンコ
 その後も、色々と憎まれ口は叩かれたものの、明らかな悪意を持って接してくる人は一人もいなかった

あなたも好きかも:事故 スロット
少なくとも、いきなり現れて強引に組織のトップになる人物への態度ではない

 僕はメンバーたちの異常さを感じながらも、作り笑いをもって答え続けた

 そして、多くの挨拶を済ませ、訓練場にパリンクロンと獣人の少女だけが残る

 少女は暗い空を見上げて、ぼうっとしていた

 僕は残ったパリンクロンに説明を求める

あなたも好きかも:パチンコ の トラ 東海
「……なあ

おかしくないか?」「よかったな、カナミ

大出世だぜ?」 パリンクロンは僕のギルド参入を祝福するが、まだ僕だけがそれに納得がいかない

「恐ろしい身内人事を見たよ

しかも、結構歓迎されてるから、二重に信じられない」「こんな無茶が通るのは、うちくらいだろうな

他のギルドなら、絶対にありえない」「パリンクロンのギルドだから普通じゃないとは思っていたけど、一体どうして?」 いまでも僕は信じられない

 総当たり戦で力を示したとはいえ、それでもメンバーたちが納得している理由がわからない

 僕の世界なら絶対に起きない現象だ

 これが異世界間の文化の差なのだろうか

 細かいことに拘らず、実力がモノを言う文化だったしても、この歓迎は異常だ