初代 南国育ち スロット 天井

初代 南国育ち スロット 天井

 『ここはまだいい

金紅竜の巣の方がより危ういであろうに』「承知してるわ」 ジュナさんの目は師匠を見ている

あなたも好きかも:ドラクエ 4 カジノ 稼ぎ 方
 そして竜騎士と竜騎兵を見回す

あなたも好きかも:パチンコ ダイイチ 音量
 どう見ても不服そうにしているのがいる

あなたも好きかも:洲本 パチンコ屋
 王女様だ

「私は護られる為に竜騎兵となっておりません、戦います」「しかし殿下」「私が微力であるのは承知です

ですが強くあらねばなりません」 王女の視線はエルダードラゴン達を見上げている

「金紅竜との誓約に盟約は一方的な庇護も求めるものではありません

対等の同盟であった筈!」『汝は正しい』『だが出来ぬ事を出来るかのように語らぬがいい』『今は賢人の意見に耳を傾ける事だ』 ありゃりゃ

 王女様、泣いちゃいそう

 でも現実は直視すべきだ

 それはオレにも言える事ではある

「オレニューちゃん、殿下に付いてあげてね?」「承知です」『揺篭では手狭かもしれぬが、奥に進むがいい』「キースちゃんはそうね、そこら辺をウロウロしてる魔人を減らして欲しいけど」「そこら辺の魔人、ですか」 いや、そう言われましても

 見掛けるようなら喜んで狩ります

 でもどういう状況なんですか? ウロウロしているとか、茫洋とし過ぎますって

「冒険者ギルドの依頼ですが、目標はもう少し明確にして欲しいんですが」「そうね、目標はオレニューちゃんが決めて!」「名前持ちの魔人を3名程、片付けて欲しい所ですかな?」 ほほう

 3名ですか

 多い? きっと多い

 どこかでウロウロしてませんかね?「場所は?」『この近くにも出没しておる』『魔人の数は少ないがな』「多いのは、どこです?」『やはり金紅竜の巣の周辺であろう』『柘榴竜と黒曜竜も加わっておる