最新 の パチンコ 台

最新 の パチンコ 台

彼は室内の隅に座り込んで膝に置いているパソコンのモニターをじっと見つめていたが、不安そうにみんなを見上げ、ためらいを露わに切り出した

「……あのさあ……、一人……いるんたけどさぁ……

……去年の事件で、学園出ていってない奴……」「いるのか!?」 みんなが目を見開いて詰め寄ると、白川は「うん……」と気まずそうに頷いた

「それが……、そいつって……よく思い出してみたらさぁ、その時も……逃げてるんだよなー……」「……え?」「覚えてないか? ……轟司」 そろっと名前を告げられ、顔をしかめていた立花は目を見開いた

「……二年をまとめてたって奴か?」「っあぁー! かのんたちを脅したオンナの親分だ!!」 華音が眉をつり上げて身を乗り出した

「言ってたもん! 轟司に命令されたって! ……って、アレ? 立花クン、友達が見つけてくれたんじゃなかったの?」 途中、キョトンとして立花を見上げると、彼は真顔で首を振った

「そいつだけはとうに逃げて見つけられなかったんだ

あなたも好きかも:ウルトラマン aタイプ スロット
あのあと、警察に見つけられたもんだとばっかり思ってたんだけどな……」「データに残ってるよ……

あなたも好きかも:極 スロット
こいつ、まだ学園にいるぞー……」 白川が情けない声を上げながらモニターをじっと見つめている

あなたも好きかも:埼玉 大和田 パチンコ
 反町は舌打ちをする立花を見上げた

「去年の事件の実行犯か?」「いや、実行犯かどうかはわからないけど、尾田靖からの命令で周りを動かしていたのがそいつらしいんだ

……チッ、……しくったな……」「……で、そいつは三年におるんか?」 一平が真顔で訊くと、白川は「うーん……」と気まずそうに眉を寄せた

「いるんだけど……、うーん……いない、って言うか……」「はっきりせぇ」「つまり……学園の記録には残ってるんだけどさ、不登校生として記録されてるんだよ

……去年の、あの事件の時から……」 不安げに告げる言葉を聞いて、みんなは顔を見合わせた

「……そろそろ半年経つし、このままじゃ退学処分だな?」「そうなるだろ……」「……でも……それだけじゃないんだよー……」 白川が情けない顔で彼らを見回す

「こいつ……、……ダブってる」「……え?」「……こいつも岸本達也と同じで、一年ダブってるぞー……?」 白川の恐る恐るな言葉にみんなは唖然とする

「ち、ちょっと待て……