アタック ナンバー ワン スロット

アタック ナンバー ワン スロット

 いつもと違う生美の雰囲気に、加奈と華音は「……どうしたんだろ?」と顔を見合わせ、大介はそんな彼女らに「ほな……」と声を掛けた

「おまえら、洋一に“あの話”を教えといたれよ」「りょうかぁーい」「気を付けてねー」 華音の敬礼と、加奈に笑顔で手を振られ、カーテンを閉めて一平の待つ廊下に出る

「……なんや、みんなで探すンかいな」 ゾロゾロと出てきたメンバーに一平がため息を吐くと、勝則は苦笑して肩を竦めた

「手分けした方が早いですしね」「それで……立花はどこにいそうなの?」 生美が腰に手を置いて訊くと、優樹はとある場所を振り返った

あなたも好きかも:パチスロ アラジンa
「切られたのが北校舎だったから、そっちだと思う」「ほな、校舎と校庭の方とで分かれるか」「オレは優樹先輩と行く」 相川が即名乗り出ると、「ほな、オレもやな」と一平も続き、大介に目を向けた

あなたも好きかも:燕三条 周辺 パチンコ
「オレらこのまま校庭に向かうわ

おまえら、北校舎の方な」「おう

あなたも好きかも:ネブラ
なんかあったら連絡してこなあかんぞ」「いちいち連絡するかぃな」「してこなシバくぞクソカス」「なんでシバかれなぁあかんねん」 睨み合う一平と大介に挟まれて、優樹は生美を不安げに見上げた

「……洋ちゃんの傍にいなくていいの?」「あそこにいたって私には何も出来ないわよ

……それより、立花と犯人を捜す方が先決でしょ」「……そうだけど……」 優樹は少し心配げに視線を落とした

 ……こんな時って、傍にいよう、とか思わないのかなあ

 怪我をしたのが反町だったら、と考えると、絶対に傍を離れたくはない気持ちで溢れる

――けれど、生美はすぐにでも犯人を捕まえたい一心のようだ

ずっと、どこかを睨んでいる

 一平は険しい生美から勝則にチラッと目を向けた

「……大丈夫やな?」と、問い掛けるような視線に気付いた勝則は、真顔で頷き、それを応えにした