陰陽座 パチンコ バジリスク

陰陽座 パチンコ バジリスク

 仮説を一瞬で立てた瞬間、俺はナイフを構えながら後へとジャンプした

 その直後、鞭にも似た抹茶色の何かが俺の目の前を通過し、脇に立っていた石柱を打ち据えた

まるで細長いゴムを鉄板に叩き付けたような乾いた音が遺跡中に響き渡り、その鞭の攻撃を喰らった石柱が倒壊していく

あなたも好きかも:パチンコ ホール 仕事 内容
「た、タクヤ!?」「気を付けろ、敵だッ!」 着地しつつ左手で大型ソードブレイカーを引き抜きつつ逆手持ちにし、たった今石柱を叩き壊した敵を睨みつける

 俺が睨みつけていたのは、その入り口をふさいでいた巨大なツタだった

ゴーレムの胴体のように太いそのツタは、まるで森の中に生えている巨木のようだ

だがそれから伸びているのは木の枝ではなく同色の細いツタで、下の方には巨木の根を思わせる触手のような物が生えている

あなたも好きかも:釧路 パチンコ 閉店
 擬態を見破られたうえに攻撃を回避され、もう擬態を続ける意味はないと判断したのだろうか

入口にへばりついていたその植物は遺跡の壁から自分の身体を引き剥がすと、いたる所から生えたツタのような触手を振り上げて威嚇を始めた

 入口の扉にへばりついていたのは、やはり植物型の魔物だった

道を塞いでいた胴体の上には、食虫植物であるハエトリグサを思わせる円盤状の頭があり、巨大な口の中には針のように細い牙が何本も生えている

その巨大な口で魔物や冒険者を捕食すると思いきや、腰の辺りにはまるで人間がポーチを下げているかのように、ウツボカズラのような袋状の物体がぶら下げられている

その袋の中から流れ出ているのは、メープルシロップのような甘い香りだ

あなたも好きかも:ライブガーデン 佐野 スロット館
 胴体から伸びる2本のひときわ太いツタは先端部のほうで枝分かれしており、無数の抹茶色の触手になっている

そして足元から生えているのは、巨木の根を思わせる太い触手の群れである