2月2日 スロット

2月2日 スロット

だがしかし、目の前に居る突然現れた子供は決して弱者では無いと、直感で理解出来たのだ

あなたも好きかも:パチンコ 瑞江 営業時間
なので強者に対する礼儀を弁《わきま》え、その場で始末するらしい

「……えぇ……? ……私……死んじゃうの?」「心配するな、こう見えても割りと優しいんだ

弱者は必要な時以外に殺さねェし、強者だとしても相手がガキなら痛み無く殺してやる……!」 それを聞いた少女は返し、シュヴァルツはニヤリと笑って返す

弱者でないと分かった以上容赦はせず、破壊魔術を込める

「そう……なら、仕方無いね……」「ああ、これが大人だ……!」 次の瞬間、シュヴァルツは破壊の魔術を纏った腕を振るい、少女に向けて拳を突き出した

あなたも好きかも:ドラクエ11 リセット カジノ
その魔術は空間を砕き、数センチ前に居る少女へ向け──「私もこの姿を止めましょう……」「やっぱり魔法か……!」 ──放たれる前に、少女は大人の女性へと変貌した

 シュヴァルツはそれを見抜いていたらしく、少女

もとい、女性

そんな女性に躱《かわ》され腕が空を砕いて空振った瞬間に加速して距離を取る

あなたも好きかも:パチスロ まどまぎ 攻略
「テメェがあのガキに化けてたんだな? いいや……化けてたってのもなーんかおかしいよなァ……若返りの魔法か……?」「ええ、そうです

あの姿でなければナールさんたちの目を掻い潜って外へ行けませんので……そして、怪しい者がこの場所に近付いていたので来ました……」 距離を取ったシュヴァルツは警戒しながらその者へ言い、その者へ頷いて返す

 その丁寧な言葉とは裏腹に、その者が秘めているであろう大きな魔力を感じ取るシュヴァルツ

「俺はシュヴァルツ・モルテ

この街にて封印されし怪物、ベヒモスを復活させようと目論む……テメェは?」 そしてシュヴァルツは、礼儀として己の紹介をして相手へ尋ねる

その者は目を細め、身体全体、そして片手に持つ箒《ほうき》へ魔力を込めて返した

「魔族の国、幹部の街である"タウィーザ・バラド"の幹部を勤めている──アスワドです……! 今アナタを敵と見なし、この場で捕らえましょう!!」「そうか、夜露死苦《ヨロシク》な……アスワドさんよォ!!」 その刹那、アスワドは箒《ほうき》に跨《また》がり空を飛び、シュヴァルツはその足で跳躍して破壊魔術を放つ体勢へと入っていた

「"炎《ショーラ》"!!」「"破壊《ブレイク》"!!」 二人が空に到着した時、それと同時にアスワドは炎魔法、シュヴァルツは破壊魔術を放出する

 凄まじき熱量を持つ炎魔法とそれをも砕く破壊魔術がぶつかり合い、辺りの誰も住まない建物は轟音と共に崩れ落ち、視界を消し去る粉塵を巻き上げた