来店イベント スロット

来店イベント スロット

だからネアは、ぺそりと項垂れた魔物のその三つ編みをそっと握った

「……………ネア?」「ディノは、私の最高の婚約者です

あなたも好きかも:キャッシュゲーム 税金
私が一番側にいて欲しかった時に来てくれました」「………………でも、君に怖い思いをさせてしまった

もし、……」「そのもしを叶える為に、ディノが何かを手放してしまったら私は怒り狂うので、この結果として何とかなった今回の顛末でいいんですよ?」「…………そうなのかい?」悲しげに水紺色の瞳を瞠ったディノに、ネアは少しだけ背伸びをして顔を覗き込むようにして微笑んだ

たった一日のことだったとは思えないくらい、久し振りに見るような青空の眩しさに、柔らかな風に揺れる真珠色の髪が宝石のよう

その美しさに微かに胸を打たれると、初めてこの魔物に出会った時の驚きを思い出した

あなたも好きかも:パチンコ 遠隔 操作 通報
「今回はこれで終わりでしょう?だからこれで大満足しましょう

もしまた今度の怖い事に備えるのなら、それはこれからのことなのです」「………これからのこと、………なんだね」「ええ

あなたも好きかも:パチンコ cm 解禁
だからどうか、しょんぼりせずに、また怖い事があっても任せ給えと、どどんと構えていて下さいね」そう言って伸ばした手で大事な魔物の頬をすりすりと撫でれば、微かに目元を染めたディノはどこか儚く微笑んだ

「でも、……………君は何を失くしてしまったのだろう?………あのあわいから帰って来てからずっと、君の瞳から何かが失われてしまったような気がするんだ

………ネア、怖いものや苦しいものを、我慢していないかい?」その問いかけはまったく思いがけないもので、驚いたネアは目を瞠った

自分では何も意識していなかったのだ

「……………私、何か変わってしまったのですか?」ぽかんとしてからそう尋ねると、ディノは唇の端を僅かに持ち上げて微笑み、ネアの頭をそっと撫でてくれた

その優しさには、すぐに儚くなってしまう魔物の無垢さより、老獪な長命の人外者らしい頼もしさがあって、ネアはそんな婚約者を見上げる

「…………そうか、であれば、無意識のものなのかもしれないね

……………ネア、そうなると君は、自分でも意図しない時に、その傷や喪失に苦しめられるかもしれない