東京 優良店 スロット

東京 優良店 スロット

「流優……、優流がハアハアしてるから

おねんねしなくちゃだから」「ゆぅ、ゆうお

……ゆうお」 顔を擦り付けて息を詰まらせながら訴える流優に、優流まで「ゆうも、ゆうも」と顔を擦り付けて「流優も一緒がいい」と訴え出す

 優樹は胸に顔を埋める優流の背中をポンポンと優しく叩きながら、腹部にしがみついたまま啜り泣いて息を詰まらせる流優の背中も撫でた

あなたも好きかも:ルーレット 予想 ソフト
「流優もハアハアになっちゃうから

流優もハアハアになっちゃったら、ママ、エーンエーンしちゃう」 悲しげに伝えると、二人とも「それは嫌!」と言わんばかりに首を振る

 優樹は苦笑して、困った面持ちでため息を漏らす聖菜を見上げた

「……立花君が来てくれるから」 両親と保宅以外で、流優が唯一よく懐く人物だ

助っ人の出番に聖菜はホッと胸を撫で下ろし、「お出迎えして」とメイドたちに伝える

あなたも好きかも:pc オンラインゲーム 新作
 優樹はしがみついたまま息を詰まらせている優流の額を撫でた

室内は暑くないのに汗でぐっしょりだ

泣いているせいか、先程よりも体温が上がった気がする

「さっちゃん、タオルと着替え、用意しておいてくれる?」 申し訳なく頼むと、仕舞っている場所などもわかっているさっちゃんは頷いて足早に歩いて行った