スロット 低 貸

スロット 低 貸

「……誰一人欠けても、駄目なんだ

……おまえみたいなヤツでも」「……」「……諦めてないから

……、絶対、……絶対、なんとかする……

……望みが叶うなら、なんだってする

……どんなことだって……」 そのまま屋上をあとにする反町に、洋一と一平がすぐに追い、相川は握り締めたままの拳を見下ろした

――まだジンジンと痛い

勝則は深く息を吐いて傍に寄ると、苦笑気味に肩に手を置いた

あなたも好きかも:スロット なのは 糞台
「……おまえの負けだよ」 優しく告げると、相川は段々と顔を歪め、みんながいるのも構わずにボロボロと涙を溢した

 ――相川の言う通りだ

部活を守ることで“何か”を隠していた

隠そうと必死だった

 殴られて……目が覚めた

「……おいっ、流っ……」 屋上を出ると、サッサと足早に階段を駆け下りていく反町の背中を洋一と一平が追い掛けた

あなたも好きかも:ブラックジャック 宇宙人
 反町は校舎を出ると、礼拝堂を通り過ぎ、部室へと向かって隣の倉庫の前で足を止めた

ドアの前でじっと俯いていたが、いきなり、ドアノブを掴んでガチャガチャッ! とそこを回す

まるで、小さな子どもがむきになっている、そんな姿に、洋一も一平も戸惑いを露わに左右から「おいっ……」と声を掛けた

「何しとんねんっ……

壊れてまうてっ」「開かないってそこはっ