阿寒 カジノ

阿寒 カジノ

「怖いお兄ちゃんね」  誰の事を言ってるんだ

 少なくとも俺に、ウサギの妹は存在しない

「じゃあ、せいぜい妹と遊んでてくれ」「どこか行くの?」 上目遣いの視線

  包帯の巻かれた足

 まだ青い顔

 切なげな表情

あなたも好きかも:鬼ノ城 スロット
 そんな訳無いさ、ずっと君の側にいるよ

あなたも好きかも:北斗 の 拳 転生 スロット
 などと言う柄でも無いので、リュックを背負いドアを玄関を差す

「秋祭りの会合が色々あるんだ

一足早い祭りが」「大変ね」 俺は大変じゃないとも言わず、適当に頷きドアの外を端末の画面でチェックする

あなたも好きかも:カジノ チップ 値段
「何かあったら、すぐに病院へ」「分かってるから、早く行ってきなさい」 追い立てるように手を振る丹下

 それにもめげず、玄関で立ち止まり彼女を振り返る

「薬飲めよ

ご飯も」「分かってる

ほら、早く」「ああ」「行ってらっしゃい」 会議室ですぐに伏せ、さっきの事を思い出す

 ちょっと、あれな会話だったな