東京 パチンコ 御徒町

東京 パチンコ 御徒町

受け取った瓶をまじまじと観察しているエーダリアに、ノアはすぐに開けようとさかんに訴えている

ネアと同じように、エーダリアが中に揺れている木漏れ日が消えてしまうのではと不安そうにしているので、ネアが、お酒が残っている間は木漏れ日も残っているようだと説明すると、この美しい木漏れ日を楽しみたいので、きっちり三分の一までならと飲酒量を戒められ、蓋を開けて貰えることになったようだ

あなたも好きかも:橘リノ パチスロ
「こりゃいいや

僕は、飲むのは二回目だよ

あなたも好きかも:グラブル カジノ バグ
ゼノーシュもいたら喜んだだろうなぁ」ノアがそう言ったのは、ゼノーシュが今日は不在にしているからだ

ザルツでの任務で少し調整が必要になっている案件があり、ダリルの弟子の一人と共に、グラストとゼノーシュがその対策にあたっている

あなたも好きかも:ブラックジャック ロボット
気難しい魔物が一人いるので、その魔物から資料を借りるのが面倒なのだそうだ

エーダリアがノアにも相談していたようだが、その上で、ノアが適任者としてグラストとゼベルの二人の名前を挙げ、今回は初対面ということで、隊長であるグラストが伺うことになった

「この量ですと、全員に一杯ずつは行き渡りますね」「あ、私は酔っぱらってしまうと勿体ないので、最後にいただくようにしますね

今回はエーダリア様の瓶を開けていただくので、次回にみんなで飲むときには、私が貰ったものを開けましょう」「わーお

そうなると、後何回飲めるのかな

アルテアのもあるしね」「おい、勝手にそっちに換算するな