据え置き 意味 スロット

据え置き 意味 スロット

 この命令によって、集合しつつあった普第1軍団は主力をリュス川の線まで前進させ、臨時軍団長のベントハイム将軍は同地の普騎兵第3師団を隷下に収めて騎兵にリュス川北方ソンム沿岸までを偵察させ、ゲーベン将軍麾下の普第8軍団は左翼(西)を警戒しつつノワイエ川(アヴル支流)からセル川の間に布陣を終え、前哨をアヴル=ノワイエ合流点のフアンカン(アミアンの南東11キロ)からエベクール(同南南西9.3キロ)間に進めてアミアンの仏軍と対峙するよう命じたのです

普軍負傷兵の手当て☆ ラ・フェール攻囲戦(11月11日から28日) オアーズ河畔でサン=カンタンを南から護る形となるラ・フェールの比較的小さな要塞は、一方でランスからクレイユ、同じくアミアンへ至る鉄道幹線を管制することによってパリ北部を包囲する独マース軍の補給線を制限し、同じくアミアンに進んだ独第一軍の後方連絡にも影響を与える障害でした

普ベルサイユ大本営は、ベルギー国境近くを走るアルデンヌ鉄道を管制するメッス北方のティオンビルやモンメディ、そして(シャルルヴィル=)メジエールの各要塞を一刻も早く無力化したかったことでしょうが、マントイフェル将軍としては今後自軍後方連絡線に直接影響を及ぼすこの要塞の方をいち早く無害化する事が願いだったのではないかと思われます

 要塞は9世紀以来様々な築城方法によって強化され、堂々とした外壁を持っていましたが、オアーズ川が作り出した広い河川敷に創られた要塞は、川と湿地帯以外に利用出来る自然の障害物が無く、当時は人口5,000名のラ・フェール市街は、その東側郭外市街(フォーブル・ノートルダム)を除き要塞外壁内側に取り込まれていました

あなたも好きかも:6スロ 打撃
 この南東角には鉄道停車場を防御するための土製稜堡があり、要塞西側正面にも同様な稜堡がありました

あなたも好きかも:パチスロ 検定 新台
 前述通りオワーズ川はこの周辺で大きく二手に分かれて広い河川敷を作り出して蛇行しつつ南西方向へ流れ、要塞はこの二本の流れの中に位置していました

また、西側の河川沿いにはサンブル=オアーズ運河が走っており、河川敷の幅員は所によって2.5キロにも達したため、要塞を西又は南から攻め落とそうとの考えは極めて困難と言えるものでした

同様に北面側も見通しが良く、一旦堤を切れば広範囲に氾濫地が出来たために攻撃側にとっては接近し辛い要塞と言えました

 ここまでは「難攻」な要衝と言えるラ・フェールでしたが、守備側の問題は東側にあり、このことによりラ・フェールは「不落」とは到底呼べない要塞でした

 要塞の東は郭外市(フォーブル)を隔てて直ぐに小高い高地となっており、高地と要塞中央までは僅か2キロ程度しか離れていません

高地周辺にはこの弱点をカバーする分派堡の存在もなかったため、攻撃側がこの高地を押さえたならばたちまちにして砲台を築き、要塞内部に榴弾を撃ち込んで来る可能性が高かったのです

あなたも好きかも:リング パチンコ 猫群
 この要塞を護っていたのは護国軍を主力とする2,500名前後の守備隊で、要塞砲は130門に及び、その内36門は比較的新しい施条砲でした

要塞司令官は海軍のジャック・フェルディナン・プランシェ少佐でしたが、少佐が赴任してみると要塞兵員のための掩蔽壕や防御された宿舎は絶対数が不足しており、川を氾濫させる以外に要塞の防御を助けるための用意はほとんど手つかずといった状態だったのです

ラ・フェール要塞の攻囲 ラン(9月9日)やソアソン(10月16日)が陥落して以降、独軍は度々斥候をラ・フェール近郊まで派遣しますが、本格的な攻囲が命じられたのは11月上旬、メッスの陥落で独軍が「余裕」を得た後でした

 11月5日に普ベルサイユ大本営からラ・フェール攻略の命令を受けた普第4旅団*は、メッスから独本国への捕虜輸送や、親部隊の第一軍も西へ進むために発生した混乱等で列車の手配が遅れ、ようやく11月11日から12日に掛けてポンタ=ムッソンを出立し、その後は優先的に鉄道を利用してソアソンへ至ると、ここで攻城に必要な資材・機器に攻城重砲を手に入れ、更に要塞工兵1個中隊に要塞砲兵6個中隊を編入するのでした