大工のげんさん パチンコ 狙い目

大工のげんさん パチンコ 狙い目

あなたも好きかも:六番町 パチンコ
無属性のものであろうと風属性のものであろうとそのあたりは全く変わらないのだろう

「私の魔術は比較的おとなしいものが多いですよ、火の魔術であれば肉体強化なども含まれますね」「・・・?火の魔術なのに肉体強化なんですか?」火の魔術というとどうしても炎を発生させるとかそう言うイメージしか湧いてこない

だがその中で肉体強化が入ってくるというのはどういうことなのだろうか

よもや体に炎を纏わせるという意味だろうかと思っていたのだが、そう言えば肉体強化の事柄についてまともに説明していなかったなということを思い出したのか、小百合と真理は顔を見合わせた後で説明を開始してくれる

「いいですか?肉体強化というのは無属性のものもあれば属性持ちのものもあります

属性というのがあらゆる魔術を効率化させた結果であるというのはすでに知っていますね?」「はい、風を起こすにしろ火を起こすにしろ、効率的に発動するために属性の要素を取り入れたのが属性魔術ですよね?」魔術というのは基本的に大抵の事は無属性でもできる

火を起こすことも風を起こすことも、方法さえ問わなければ無属性の魔術で事足りる

だがそれらを行うのは無属性では到底効率が悪い

そこで自然の力も借りたりその力を応用したりすることで属性の要素を取り入れ効率よくしたのが属性魔術だ

あなたも好きかも:パチスロ サムライチャンプルー ゾーン
「そう、つまり肉体強化も強化したい部類や場所によって属性分けすることで、より精度が高く効率の良い強化をすることができるというわけです」もちろん無属性の強化でも問題ないのですけれどねと付け足しながら真理は自分の手のひらを握って見せた

一見すれば何も変わらないただの拳だ

だがその拳に妙な違和感を康太は覚えていた