モンハン スロット やめどき

モンハン スロット やめどき

そこまでそこまで」 パンパンと手を叩く

あなたも好きかも:パチスロ 5000円
音から察するに手袋をしている音だ

声がする方へ視線を向ける

 そこには顎髭(あごひげ)がダンディなロングのトレンチコートで決めた、上から下まで真っ黒なおじ様が立っていた

「銀髪嬢ちゃん、その辺にしといてやりな

受付ちゃんもビビってるからよ」 こちらへ来ると受付カウンターで肘をつき、親指で受付嬢を指す

「あ……」 俺も少し血が上ってきてたのだろう、気付かなかったと我に帰る

「す、すみません……」「い、いえ

揉め事はしょっちゅうですから」「でも、嬢ちゃん、新米さんだろ?」「えっ……何でお分りに――」「おじさん分かるんだ

スケベさんだから……堅いよ、応対が」 受付嬢に対して軽くウインクしてフランクに喋りかける

あなたも好きかも:モンスターハンター パチンコ 潜伏
ナンパしてような口ぶりと態度

「あのっ!」「んー?」 身長差があるせいか見下ろすように見られる

でかいなこのおっさん

「止めに入ったのはその受付嬢さんの為なら、まあ、悪かったなって思いますけど――」「バーカ

おじさんの本命はお前さんだよ」「は?」 両肘をカウンターに置き、こちらを向いてもたれかかる

「今はたまたま運が良かったが、ギルドは色んな国の人間がきやがる