レディガガ パチンコ 評価

レディガガ パチンコ 評価

「……まあ、例えあの場所での勝敗が決まっていたとしても……街中《あそこ》全体の中ではその一つを含めても……精々二、三人しか勝負が決まっていないだろうな……?」 訝しげな表情で戦闘状況を推測するエマ

 そして、そんなエマの周りには一〇〇人程の魔族が倒れていた

「つ……強ェ……」「まさか……111人の部下のうち……一〇〇人を……」「がっ……グハッ……」 何処かで聞いたような言葉をを放つ魔族達

あなたも好きかも:スロット ゼクスイグニッション フリーズ
 恐らくそれしか言う事が見つからないレベルで完膚無きまで叩きのめされたのだろう

あなたも好きかも:介護 パチンコ屋
 何と言うか、エマに挑んだ時点で自業自得としか言いようが無い

「……まあ、結果がどうあれ……ライたちが負けるのは少々考え難《がた》い事だがな」 それをさておくエマは、空を見ながらフッと笑い、傘をクルクルと回転させながら呟くように言葉を発した

 戦いが気になっても参加できず、見ているしか出来ない事がもどかしかったが、魔族の手下が勝負を仕掛けてくるので暇潰しには最適だった

 しかしエマにとってその者達は弱過ぎる

 なので、もう少しこの場で怠惰に過ごすしか無いと考えつつ、苦笑を浮かべるエマだった

***** 場所を戻し、フォンセとスキアーが居た場所

あなたも好きかも:パチンコ 長岡駅
 その場所の視界はようやく明るくなった

「…………」「…………」 ゆらゆらと、陽炎のように揺れる人影

 その影の持ち主はフォンセとスキアー

互いの技がぶつかり合い、周りには何も残っていなかった

 頃合いを見てスキアーが一言

「……俺の……負けか……」 吐き捨てるように言ったあと、バタンと倒れるスキアー

 確かにスキアーのロケットランチャーは壮絶な威力を誇っていたが、フォンセの魔術には押し負けたらしい

「……そうだな……

まあ……私も酷い火傷を負った……