カジノ 用品

カジノ 用品

あなたも好きかも:コードギアス r2 スロット 中段チェリー
「……ハァ……ハァ……」 たったそれだけの行動しかしていないレイだが、レイ自身が思うよりもレイの疲労は激しかった

 視界は掠《かす》れ、明るい昼間にも拘《かか》わらず全体が暗く感じる

 寒い感覚が更に強まり、吐息が白く染まる

あなたも好きかも:パチンコ カツ丼 問題
そして血液は冷え、立っているだけで体温が奪われるだろう

「ククク……随分とお疲れの様子だな……どうだ、降参でもするか? 俺はテメェを殺す気で戦っているが、うちのシヴァさんはそんな気が無いみてェでな

降参するなら俺も戦闘を止めるしテメェも休め……「アナタが……降参すれば良い……!」……交渉決裂だな」 レイを見たズハルは軽薄な笑みを浮かべて言い、レイはズハルの言葉に割って返す

 それを聞いたズハルは止まり、改めて地震の災害魔術を纏った

「つー事で……遠慮はしねェぞ? テメェが選んだ道だ」「……!」 次の瞬間、ズハルは目にも止まらぬ速度でレイの後ろに回り込んだ

 レイは咄嗟に反応するがその速度に着いて行けず、「ダラァ!」「……ッ!」 ズハルに吹き飛ばされた

 "震動"によって身体を"振動"させられ、内部から破壊するのでは無く物理的に吹き飛ばされたのだ

「……ッ! ……?」 その事を疑問に思い、木に背中をぶつけ空気を漏らしながらも訝しげな表情でズハルを見やるレイ

 実を言うとレイは、震動ならば何とか避ける事は出来た

あなたも好きかも:旧イベント パチンコ 大阪
 しかし予想は外れ、物理的な攻撃を仕掛けられたのだ

なので防ぎ切れずに困惑したのである

「ククク……やはりな……

テメェ、俺の災害魔術だけを警戒しているだろ? 俺は普通に近接戦も出来んだよ

つまり、だ